{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 大雪の影響による、配送の遅延について
大雪の影響により、配送が行えない地域がございます。詳しくは、こちらをご覧ください。また、全国的に配送の遅延が発生しやすくなっております。あらかじめご了承くださいませ。
ご香典として包む金額の目安は?
喪服の写真02
葬儀に参列するにあたり、非常に気になるのがご香典の金額です。お金をいくら包むのかが気になるところだと思います。お付き合いの深さによって、お金の額も変わりますので、知っておくと突然の訃報に触れても、慌てずに対処できますね。会社の同僚や友人の場合は、相場は5,000円ほどです。祖父母になると30,000円から50,000円の間になります。これは兄弟でも同じです。両親や義両親の場合は、30,000円~100,000円と、高くなります。ここで注意したいのが4と9という数字です。これらの数字は縁起が悪いとされます。4と9のつく金額はご香典には、入れないようにしてください。喪服を選ぶ際に、モーニングを来ていくような相手であれば、ご香典も高めに用意した方がいいでしょう。お付き合いの深さなどによって喪服も変える事がありますが、その際に、ご香典の金額も同じように変えて行くのが大人の対応です。ご香典は死者を弔うための、霊前に供える大切なお金です。もし経済的に厳しくとも、故人を偲ぶためにも都合をつけておきましょう。また香典袋(不祝儀袋)は葬儀を行う、形態によつて違いますので注意が必要です。例えば神道式であれば「御霊前」と表書きされていますし、仏教式であれば「ご佛前」と書かれています。予めどのような宗教で葬儀が行われるのか聞いておきましょう。

葬儀と向き合った際に一番頭を悩ませるのが、香典に包むそのお金の額です。もちろん故人や遺族の方たちとの関係性や、普段からのお付き合いの度合いによって金額にも差異が生じるわけですが、おおよその目安となるその相場を知っておけば大変心丈夫ですよね。一般的な相場としては、5,000円から10,000円あたりをご香典として包むことが多いようです。勤務先の上司であったり、友人やその家族、近所のお悔み事に対する香典も、このぐらいの額ないし3,000円程度が大体の目安です。自分の家族の場合は金額も上がり、両親や義父母には100,000円、兄弟には50,000円、祖父母の葬儀に対しては30,000円から50,000円ぐらいのお金を香典とするのが常識的とされています。ちなみにこの香典ですが、喪服のポケット等に香典袋をそのまま入れて、会場の受付に出すのはマナー違反です。喪服のふところから出すにしても、必ず袱紗に包んだ状態でまず取り出し、袱紗を開いて香典の向きを受付担当者から見て正面に改めた上で、きちんと手渡すようにしましょう。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。