{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 お電話での対応について
土・日・祝は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。
喪服のブラウスはどのようなもの?(女性)
喪服の写真02
喪服のブラウスを選ぶとき、スーツなどを着用する場合には、色に ついて、考えてしまいますね。男性の場合はスーツの中は白無地の ワイシャツなので、女性も白でいいのでは?と思いがちですが白は 着てはいけません。葬儀に着る喪服なので、スーツの場合も黒か紺 を選んでください。 女性の場合は、ワンピースにボレロなどのデザインが多いのでスーツ を着用する機会も少ないために、迷うのだと思います。 また、袖なしのワンピースの中にブラウスを合わせるときにも同様に 中のブラウスは黒か紺にします。厳密には紺のブラウスよりも黒の方が 良いということも頭の片隅に入れておいてください。 例外として白いブラウスが許されるのは、学生の制服のみです。 学生の制服は、未成年者の礼服とみなされますので、わざわざ制服に 黒や紺のブラウスを合わせる必要はありませんので、ご注意ください。 何故女性だけ?と疑問を持たれるのはもっともですが、習わしという 観点に基づいて、喪服のブラウスは黒か紺に統一しましょう。

女性が弔事に参加する際、必ず留意しておかねばならない点がひとつ存在します。 それは、ブラウスの色です。男性の場合、黒い喪服に白いシャツを合わせるのがマナーなのですが、女性のブラウスは黒でなくてはなりません。 うっかり男性と同様の感覚で白いブラウスを着てしまっては、大変失礼にあたってしまいますから注意を払うようにしておきましょう。 また、ブラウスそのもののデザインに関しても、当然のことながら意識を配っておく必要があります。弔事に相応しくない華美な光沢があるものや、大袈裟なフリルなどで装飾されたブラウスは、たとえ喪服の色に準じた黒であったとしても避けるべきです。抑制の効いたシンプルでスタンダードなデザインのものを選ぶようにしましょう。 ただし、急な訃報などの折、略喪服で急遽お通夜に駆けつける場合等に限っては、白のブラウスであってもマナー違反とは見なされません。しかしながら、それでもあまりに派手なものなどは、やはり非常識と捉えられることが間々ありますから、客観的かつ慎重に、まずは事前の自己判断をきちんと行ってみてください。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。