{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
喪服での女性の靴の選び方は?
喪服の写真02
一般的に、女性の喪服に合わせる靴はパンプスになります。パンプスといっても様々な種類がありますが、喪服と合わせる靴となれば、黒色を履くのが基本です。黒に近いからと紺や濃茶なども避けてください。ただ黒ければいいのかと言うとそうでもありません。光沢のあるエナメルの靴は、葬儀には履いてはいけません。装飾がある靴も同じように避けなくてはいけません。飾りのないパンプスを選ぶように配慮してください。またヒールの細く高いものもいけません。ヒールは太めで高さも低い靴であれば、合格といえると思います。絶対にいけない靴は、サンダル・ミュール・ブーツなどです。黒い靴であろうが、ヒールが低かろうが、このような靴は葬儀にはもってのほかですので、気をつけてください。悲しいですが、常識を疑われてしまいかねません。喪服に黒い靴、そして黒いストッキングという出で立ちが正式な装いになりますので、念頭に入れて靴選びをして欲しいと思います。

女性にとって、靴も大切なおしゃれの対象です。しかし、お通夜や告別式といった弔事の際に、うっかり派手なそれを履いて出席してしまっては、周囲から非常識のそしりを受けてしまいかねません。慎んで故人の冥福を祈るためにも、喪服に合わせた最適なものを選択する必要が生じてきます。一般的に弔事においてマナー違反とされる女性用の靴は、きらびやかなハイヒールです。そもそもヒールが高いと、どうしても派手で華美な印象を与えてしまいますから、喪服に合う靴選びの際は、必ずヒールの低いものを探すようにしてください。素材に関しても注意が必要で、エナメル製のものやピカピカとしたツヤのある革製のものなどは控えておいた方が良いでしょう。ちなみに、一番マナーに適っているとされるのは、布素材で作られたものです。布ならば不用意に光沢を放つことも無く、ある意味安心して履いて行くことが出来ます。デザインについては、言わずもがなではありますが、極力シンプルなものを選んでください。リボンもそうですが、金具等で余計な装飾が施されているものも当然NGです。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。