{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
葬儀のアクセサリーはどこまで許される?
喪服の写真02
葬儀の時にどの程度までのアクセサリーが許されるのか、気になるところですね。喪服には、華美なアクセサリーは不謹慎です。多くの人がその事は理解していることでしょう。そして真珠なら大丈夫という既成概念があると思います。確かに真珠は涙の象徴とされて、お悔やみという意味が有るとされています。しかしゴールドパールや、おおぶりの真珠はファッション性が高くなるので喪服には相応しくありません。パールのネックレスを二重にして使用するのも不可です。不幸が重なるという意味になるからです。葬儀に適したアクセサリーは、黒真珠や小さな真珠のネックレスやオニキスやジェットなど黒系の宝石です。指輪も結婚指輪くらいにしておきましょう。葬儀用にあつらえられた黒真珠の一粒指輪などなら、申し分ないですがその他の指輪はどうしても華やかになりますので、避けたほうが無難でしょう。ピアスやイヤリングも同じことで、光り輝くジュエリーは小さな石や飾りでも、喪服に合わせるのは不遜です。

葬儀はお世話になった故人との別れの式典であり、多くの知人や親類等が喪服に身を包んで集合する場でもあります。それゆえにきちんとした姿でそこに出席したいという気持ちは誰もが共有している普遍的なものであると言えます。しかし、本来的に悲しみや悼みを以て参加する式典ですので、喪服の他に過剰なお化粧や装飾で身を装うのはマナーに反するとされています。たとえば男性の場合は、結婚指輪以外のアクセサリーはすべて事前に外して出席するのが常識とよく言われます。腕時計に関してはOKとされることもありますが、これもベルトが光沢を帯びたものや派手なものは極力避けるべきでしょう。女性の場合は、男性と同じく結婚指輪はマナー違反には当たりません。その他にも、真珠のネックレスをつけることも問題ないとされています。真珠はひとしずくの涙をイメージさせるアクセサリーですから、故人への哀悼を表す形となります。しかし、二連のネックレスは禁物です。弔事においては不幸事が「重なる」というイメージを忌みますから、ネックレスは必ず一連のものにしておいてください。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。