{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
結婚式での服装の注意点(女性用)
喪服の写真02
結婚式にお呼ばれした際に、礼服はどのようなものが良いのか悩んでしまうとき、これだけは抑えておきたい注意点があります。まず、白系の礼服は避けることです。白はもちろんですが淡すぎるピンクやイエローも写真を撮った時に、太陽光で真っ白に写ることがあります。言わずもがな、白は花嫁の色です。こうした色は避けましょう。次に、冬場の結婚式に襟にファーをつけたり、毛皮のボレロを着ていく人がいますが、これも厳禁です。動物の殺生を思わせるファーは、お祝いの席には相応しくありません。礼服だからと、リクルートスーツやブラックフォーマルを着用する場合も注意が必要です。どうしても、喪服のイメージが強くなりますから、イヤリングやネックレス、それにブローチなど華やかなものを付けて行く必要があります。できればカラードレスなどを着用することをお勧めします。だからといって、真っ赤なドレスなど膨張色で華美になりすぎる衣装は、花嫁よりも目立ってしまいますから、着てはいけません。清楚で華やかな礼服を用意して臨みましょう。

現在登録されている商品はありません。