{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
結婚式にあわせる靴は?(女性)
喪服の写真02
結婚式にゲストとして参加する時には、晴れやかな場に相応しいフォーマルな服装を心がけましょう。身に付ける衣装はもちろん、アクセサリーや靴の類もです。おしゃれは足元からというように、きれいな服を着ていても靴がカジュアルに過ぎてしまっては台無しです。アクティブな印象が強すぎる運動靴やブーツは論外として、女性の場合は足の指や甲が露出する、サンダルやミュールの類もマナー違反ととられがちですので注意しましょう。色やデザインといったものは、全体的なコーディネートから余程浮かない限りは自由に選んでも構いませんが、形状はつま先が隠れるパンプスが無難です。また結婚式中の立っている時間を考えると、あまりかかとの高い歩きにくいものも向かないものの、礼装に平たいペタンコパンプスを合わせるのはお勧めできないことです。3センチ程度のヒールがある、足のラインが美しく見えるパンプスを選んでみてください。それでも足の疲労が気になる時には、履き換え用を持っていくなり中敷きを用意するなりといった、準備を事前に行っておきましょう。

結婚式に招待された際には、装いには気をつけたいものです。服装の中でも、とくに忘れられがちなのが靴ではないでしょうか。ついつい、ドレスやスーツなどに頭を使いがちで、靴は後回しということになってしまいます。しかし、人は足先から品位がにじみ出るとも言われます。結婚式での靴の選び方一つでこれからの評価も変化しますから、気を配りたいものですね。まず、結婚式に招待された時に足の露出が多いものと少な過ぎるものは避けましょう。正装はパンプスとされています。かかととつま先を隠すのは、結婚式のマナーとしては基本です。最近ではつま先のみを隠してかかとは露出するミュール系の靴が結婚式用にも販売されていますが、カジュアルなレストラン挙式や二次会ならばOKでも、多くの参列者の集まる格式ある挙式披露宴では控えたほうが無難でしょう。逆にブーツのような露出が極端に少ない靴も避けましょう。冬場の結婚式でも、ブーツは非礼にあたりますので、ブーツは厳禁と心得てください。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。