{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
二次会の服装は平服?
喪服の写真02
結婚式二次会の服装は、礼服ではなく平服でと指定されることがままあります。式や披露宴ではできなかった、和気藹々とした雰囲気の中でのお祝いをしようというのが二次会のコンセプトであり、参加者の服装もそれに伴ったものになるためです。ただ結婚式に参列した延長のまま二次会に参加する人も大勢いるので、かしこまった空気感が完全に払拭されたりはせず、本当にカジュアルな場になる事は稀です。平服というのは日常生活の中では普段着とも言いかえることができる、ジャケットやジーンズを用いたごくごくラフな服装を表す言葉ですが、それでも状況は結婚式の二次会ですから、式に参加せず臨む時にはやや認識を変えなくてはなりません。礼服を着た人が集まる華やかな場での普段着の定義は、浮いた印象にならない、ある程度フォーマルな服装へとシフトします。男性はスーツ、女性はシンプルなドレスにかかとのあるパンプスで決めていきましょう。二次会の会場に相応しい格好をと選べば、自然と場の空気に沿ったコーディネートが作れます。

結婚式の二次会では、招待状に大抵「平服」と記載があります。本当に平服でも良いのでしょうか?という悩みをよく聞きます。平服の基準は人それぞれ違いますので、一番悩むポイントだと思います。しかし、ここで言いたいのは自分のルールではなくあくまでも、主催者側のルールなのだということです。招待する側のニーズを汲み取る必要があります。大抵は、平服と言っても礼服を望んでいるものです。あまりにも常識はずれな、普段着で来られたら困るというのが本音です。ですので、平服と記載があっても間に受けないでください。この場合の平服とは、礼服でなくとも良いというレベルだと認識した方がよさそうです。ということは、略礼服で・・と理解すれば間違いはありません。男性ならブラックスーツまたは、もう少し砕けたグレーやネイビーのカラースーツ着用。女性なら、ワンピースにボレロなどを着用するくらいが、ちょうど良いでしょう。心配なら、前もって友人と着ていくものの擦り合せをしておくのも良い案です。結婚式の二次会だからと、気を抜き過ぎは失敗のもとになりますのでご注意ください。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。