{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
スピーチを行う際の注意点?
喪服の写真02
極度の緊張や悪ふざけが、結婚式のスピーチを台無しにしてしまう要因です。出席者の代表として祝いの言葉を述べる役回りは確かに大役ですが、上手くやろうと気負うと失敗も多くなるので、注意してことに及びましょう。 本来スピーチの目的は近しい関係から見た二人の関係性を、その場の皆で共有できるように共感を誘い、祝いの気持ちを一つにするという所にあります。心からの祝福をはっきりとした言葉で、まっすぐにわかりやすく聞く人に届けるのがその役目で、場を盛り上げることはスピーチ成功の条件には含まれません。役割を勝手に勘違いして無理に感動的なエピソードを披露しようとしたり、受けを狙うから失敗するのです。 過去の恋愛事情には言及せず衝撃的な暴露を試みず、内輪ネタでテンションを上げ過ぎることなく自己主張も控えて、礼を忘れず結婚式をあげた二人に対して、暖かな思いを伝えましょう。冷静な時に原稿を作っておき、本番は原稿の通りに話せば後は難しいことなどなにもなく、スピーチは拍手をもって迎えられるはずです。

結婚式のスピーチを頼まれるのは、それだけ信頼関係が できているからです。本来は大いに喜んでお受けしたいところ ですね。しかし、スピーチといっても具体的にどのような事を したらいいのか皆目見当もつかないかもしれません。 まず自己紹介です。自分の名前を言い、新郎新婦との関係を 簡潔に紹介します。次に、祝辞です。結婚式に呼ばれた事への 感謝と結婚への祝意を述べます。次に、新郎新婦の人柄など 結婚式にふさわしい良いエピソードを語ります。このときに 少しジョークを交えると、場が和みます。ここでのジョークは 新郎新婦を褒め称えることを前提にしたジョークですので 辛辣な言葉や、新郎新婦を不快にさせるジョークはいけません。 そして、はなむけの言葉です。世界の名言や格言など、祝いの場 にふさわしいめでたい内容を選びましょう。最後に結びの言葉 になります。再度お祝いの言葉を述べます。 スピーチ原稿は事前に用意して、練習しておきましょう。 原稿用紙で3枚程度が良いでしょう。長すぎず、短すぎずを念頭に 思い出に残る、素晴らしいスピーチをしてください。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。