{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
結婚式はストッキングが必要?
喪服の写真02
結婚式の服装のルールは、一昔前の時代より随分とおおらかになりつつあります。以前であれば議論の余地なくマナー違反とされていた、女性の生足にミュールをつっかけただけのスタイルも、仲間内だけの式ではほとんど問題にもされません。それでも結婚式での女性ゲストの服装として、膝下の丈のドレスにベージュ系のストッキングとパンプスを履いた形が正解とされるのは今も昔も同じです。他の参列者に常識的な人間と思ってもらうためには、ストッキングは欠かせないアイテムです。手持ちにベージュがない時には、カジュアル寄りでない透け感のあるものなら代用としても構いません。ただし黒のタイツは縁起がよくなく敬遠の対象となりますので、黒でもラメやスパンコールなどの光沢のある品や、ワンポイントでも柄付きのものを使用してください。クローゼットの中にしまっているうちに知らずに伝線していたということもあるので、見える範囲はくまなくチェックしてから履くようにすると安心です。

結婚式に、ストッキングが必要かどうかという問いかけには「必要です」と、力強く申しあげます。ドレスから見える足が素足に見えたとしても、ナチュラルカラーのストッキングを履いています。結婚式に呼ばれた時に、素足で行くというのは非常識以外のなにものでもありません。かならず、ナチュラルカラーのストッキングを着用しましょう。また、ときどき黒いストッキングを履いている方がいますがこれもマナー違反になります。靴が黒であっても、ストッキングまで黒にしてしまうと結婚式というより、お葬式のように見えてしまいます。縁起が悪くなりますので、黒のストッキングは控えましょう。ただし、柄物の黒系ストッキングであればその限りではありません。この場合の柄物とはワンポイントなどで真っ黒く見えないものです。編みタイツのようなあからさまなものは寧ろマナー違反になりますので、ご注意ください。一番良いのはナチュラルカラーのストッキングです。足首などにラインストーンのワンポイントなどあれば、なお華やかになりますので、自分なりのお洒落を演出してみてください。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。