{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
喪服に合う男性の靴
喪服の写真01

男性用の靴のマナーも、基本は喪服と同じく黒一色で、派手ではないシンプルなデザインが基本です。

いわゆるローファーやスリッポン(スリップオン)でも、男性用の靴としては良いと言われる場合もありますが、逆にふさわしくないと考える人もいますので、紐の付いた革靴を選ぶ方が安心です。

革靴の紐の部分には、内羽根式と外羽根式というデザインがあるのですが、より喪服に合うのは内羽根式です。

内羽根式がフォーマル、外羽根式はカジュアルというのが一般的だからです。

デザインということでいうと、プレーントウよりもストレートチップの方が喪服には適しているとされています。

黒一色で飾りなどのないシンプルな革靴ということであれば、プレーントウの方だと思うのですが、横に一文字のステッチがあるストレートチップが法事には合うとされています。

さらにこだわる人だと、ロングノーズやスクエアトウではなく、ラウンドトウをすすめる人もいるでしょう。

装飾がないのと同じように、金属などの光るようなものが付いているものはいけません。

素材は本革、または合成皮革です。エナメルのような光沢のある素材は選んではいけません。

また、光沢がないからといって、スウェードのような靴も控えるべきでしょう。

革については殺生につながるとして法事にはふさわしくないという考えもありますが、男性の喪服の場合、ベルトや靴は本革が適しています。


喪服を選ぶ時に、スーツだけに気を配っていないでしょうか。

スーツは確かに慎重に選ぶべきですが、それと同じくらい重要なのが靴なのです。

喪服に合う靴を選んで、失礼のない身だしなみを心がけましょう。

特に男性の場合、いくつか靴を選ぶ上で気をつけ無くてはならないポイントが有ります。

まずは色ですが、やはり黒色を選ぶのが最も無難でしょう。

むしろ黒色以外では悪目立ちしてしまいますし、どんな喪服で行くにしても黒色を選ぶことをオススメします。

また、靴によってはツヤの目立つものも存在しますが、なるべく艶も抑えておきましょう。

葬儀の場には適さないデザインです。

後は、できれば国産の靴を選ぶと間違いありません。

国産のものはあまり派手なデザインが無いため、葬儀では失敗しない靴を選びやすくなります。

もちろん全ての国産の靴が当てはまるわけではありませんが、検討するとよいでしょう。

靴は想像以上に値が張るもので、場合によっては喪服一着と同じくらいの値段になります。

しかし、喪服の靴で失敗ためにも、一生ものとして扱っていくためにも、少し良い靴を選ぶのもポイントの一つです。

目立たない程度に良い靴を購入しましょう。

喪服の写真02

現在登録されている商品はありません。