{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
略礼服って何?
喪服の写真02

略礼服とは、一般的にビジネススーツよりも黒が深い色のスーツを指します。

結婚式にも葬式にも使える便利なもので、慶事なら白ネクタイをつけ、弔事であれば黒ネクタイを付けることで、どちらにも対応することができます。

しかも本来の礼服は、着用の時間によって服装を選ぶ必要がありますが、略礼服は昼夜兼用なので、気にする必要がありません。

礼服は、「正礼装」「準礼装」「略礼装」と格式があり、それぞれ着用する服装が違います。略礼服は、その中で一番下のものになります。

着用シーンにもよりますが、式のメインになる方が「正礼服」、メインの方に比較的近い方が「準礼服」、一般の方が「略礼服」となりますので、最も目にすることが多い礼服と言ってよいでしょう。

実際には、黒のビジネススーツも「略礼服」といえるのですが、量販店等で販売されている略礼服と比べると、かなり明るく見えてしまいます。

葬儀の席などでは、悪く目立ってしまう事もありますので、経済的に安定した年齢になれば、購入を検討してもよいと思います。

また購入される際には、素材の良しあしや黒の深さで値段が変わってきますので、実際に触ったり着用して選ぶようにしましょう。

    

弔事に際して喪に服すという意味合いから、それ専用の礼服を喪服と言いますが、実はこの服装にも様々な種類が存在しています。

たとえば、本来的なことを言うと、モーニングや和装こそが弔事における正式な服装なのです。

ちなみにこれは喪主や親族などが着用する礼服に当たります。

そして、現在において広く一般化している黒のスーツやブラックフォーマルといった喪服に関しては、実は前述した和装やモーニングといった正式なものに準じた冠婚葬祭用の服装となります。

更には、略礼服というカテゴリも存在しており、これには黒のスーツのみならず、濃い紺やグレーといったダークスーツも含まれます。

本当ならば、きちんと正装して葬儀等に出席すべきなのですが、突然の連絡でそれが叶わず、職場から直接、急遽お通夜の場などに駆けつける場合はこうしたダークスーツでの出席も失礼には当たりません。

もちろん、たとえ略式であるとはいえ、ネクタイに関しては黒や地味な目立たないものに取り換え、持ち物も派手に光を反射するようなものは控えるようにしましょう。

喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。