{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
モーニングは冠婚葬祭で使えるのか?
喪服の写真02

現在、冠婚葬祭には黒のフォーマルスーツを着用して出席するのが一般的となっています。

見た目は通常のビジネススーツとあまり違いがありませんから、違和感なく誰でもある意味気軽に使用できるという普遍的な意味合いでの強みが存在します。

しかし、これはあくまでも準礼服であり、本来的には男性の場合、和装やモーニングといった服装が冠婚葬祭に臨む際の正式な礼服であるとされています。

慶事はともかく弔事にもモーニングは使えるのだろうか?という疑問を抱かれる方もおられるでしょうが、お通夜と三回忌以降の法要を除く弔事には、モーニングが正式な喪服として用いられます。

ただし、葬儀や告別式でモーニングを着用するのは喪主ないし親族および近親者に限られており、格式の面から考慮しても、一般参列者は通常の喪服を着て出席した方がマナーに準じていると言えます。

ちなみにモーニングで冠婚葬祭に臨む場合は、ベストの色にも気を配らなければいけません。

慶事ならばシルバーグレーのベストを身に着け、弔事には黒を着用します。


モーニングと聞くと、なにか別の世界の話のようにも聞こえますが冠婚葬祭の慶事・弔事ともに正礼装とされています。

とは言え、現代においてモーニングを冠婚葬祭で着用する人は、それ程多いとは言えません。

準礼装である、ディレクターズスーツやタキシードすら見かけることが少ないので、モーニングは一般的ではなくなりました。

しかし、喪服の礼服の最高位はモーニングです。

自分が喪主の場合や格式ある葬儀に参列する場合は、モーニングを着用した方が良い場合もあります。

喪服を置いているレンタルショップには、勿論モーニングも置いていますので、必要に応じてレンタルするのもいいかもしれません。

それから、モーニングは慶事のみの礼服なのでは?という誤解もあります。

確かに慶事のみにしか使えない礼服もあります。それは、燕尾服です。

ですが、モーニングに関してはその両方でオールマイティに使用できるので安心してください。

着用する機会があれば、堂々とご着用されて大丈夫です。

喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。