{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
通夜は平服で大丈夫か?
喪服の写真02

まず、平服と喪服の違いをこの問題の大前提としてご説明します。

前者は狭義においてはいわゆる普通のビジネススーツを指します。

広い意味で捉えれば、普段着というものも含まれるでしょう。

一方、後者は弔事のために着用する礼服です。

喪に服し、故人を悼むということを改めて表すための服装です。

いずれも黒い服なのですが、喪服と平服(ビジネススーツ)の明確な違いは一体どこにあるのでしょうか?

答えは簡単です。生地が違うのです。

喪服は光沢が生じない生地で仕立てられています。

一方のビジネススーツはどんなに渋く色を抑えたものであっても、大抵は光を反射してツヤが放たれる生地が使用されています。

ですから、本来的なその作りから考えると、ビジネススーツでお悔み事に出席するのはNGとなります。

しかし、例外的に急遽訃報が入り、着替えるチャンスもないまま、たとえば職場からお通夜に駆けつける形での出席に関しては、平服でもマナー違反には当たらないとされています。

むしろ、思いもよらぬ突然の出来事なのですから、スーツのまま馳せ参じるといった形の方がより自然体であるとも言えるでしょう。


元来、通夜には平服という事になっています。

通夜は葬儀と違い訃報に触れてから、間を開けずに執り行われますから、きっちりとした喪服で弔問に行くことは、死を予見していた、待っていたと捉えられるので、本来は失礼なこととされていました。

ですが、それをそのまま額面通りに受け止めて、平服で弔問に伺う人は、まずいないと言って良いでしょう。

訃報を聞き、慌てて喪服を用意して出掛けるのが普通ではないかと思います。

これが正しいのだと思い、平服で伺うのは非常識に見られてしまう可能性もあります。

葬儀ほどの出で立ちでなくとも良いですが、喪服として通用する程度の装いは心がけたほうが、印象が良いはずです。

略礼服に身なりを整えて、アクセサリー類も外しておきたいものです。

勿論葬儀の際には、ブラックパールなどのアクセサリーを身につけても良いのですが、通夜の時には平服や略礼装であるならば、身なりも敢えてシンプルに揃えたほうが無難です。

また、平服で行くと決めた場合でも喪服を意識した黒やグレーなどの色を意識してください。

そんなときに派手な色合いのものを着ていくことはあまりにも不躾だということを忘れないでください。

個人の都合から、通夜にしか出られない場合は、それこそ葬儀のつもりで喪服を用意して弔問に伺うことをおすすめします。

喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。