{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
結婚式のネクタイの色は?
喪服の写真02

少し前までは、結婚式のネクタイと言えば「ホワイト」が当たり前でしたが、最近はずいぶんと少なくなった気がします。

これも時代の流れだと思うのですが、若い人の中には「ホワイトは年配の方がつけるもの」という認識もあるようですね。

それでは実際にはどうなのかというと、まったくそんなことはありません。

一般の量販店でも、「礼服のネクタイを買いたい」といえば、まっ先に出てくるのはホワイトのネクタイのはずです。

ただ一般の招待客の場合、略礼服や平服での参加という事もありますから、通常のスーツを着る場合は、ホワイトのネクタイを付ける必要はありません。(というより、似合わない)

その場合は、明るめのパステル調のネクタイ、またはシルバーのネクタイをオススメします。

シルバーの場合は、シルク素材のものであればかなりきれいに見えますし、黒の礼服との相性も抜群です。

若い方は、胸に同じ素材のチーフをつけると、おしゃれ度がアップしますよ。


日本独自のドレスコードはたくさん存在しますが、結婚式での「白のネクタイ」というのもその一つにはいります。

なぜそうなったのかはわからないのですが、日本では「結婚式のネクタイは、白」と決められていた時期があります。

少なくとも、自分の時代はそうでした。

そもそも海外ではどうかというと、白のネクタイを付けるのは「新郎」だけのようですから、外国の方から見れば日本の結婚式は、新郎だらけに見えるのかもしれません。

では現代においてはどうかというと、若い方の中には「白はかっこ悪い」ということで敬遠している人も多く、シルバーのネクタイを選択されている方が多いようです。

それでも、年配の方は圧倒的に「白」ですから、「白またはシルバー」を選択していれば、問題はありません。

またマナーで考えると、ネクタイは「黒」または「獣柄」でなければ、特に制限はないとのことです。

水玉でもストライプでも問題ないようなので、華やかなものをチョイスすれば大丈夫です。

喪服の写真03

現在登録されている商品はありません。