{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
喪服に柄ネクタイはあり?
喪服の写真02

喪服に合わせるネクタイといえば、一般的に「無地の黒」であることがいわれていますが、宗教によってはそうでない場合があります。

新興宗教などでは、死が喜ばしいことという考え方のもとに「白ネクタイ」を着用する場合もありますが、こういう考え方は例外で、やはり一般的なものは「黒の無地」になります。

ストライプや柄物もないわけではないのですが、ふさわしいとはいえないというのが実際のところです。

ただし、通夜などで急に駆けつける必要がある場合、ダーク系のネクタイであれば問題はありません。

さすがに真っ赤なネクタイや、明るいものは避けたほうがよいですが、仕事などでやむを得ない場合というのはあるものです。

その場合は、一言声掛けをした上で、参加することが望ましいでしょう。

「死者を弔うのに、恰好は関係ない」といわれる方もいますが、ある程度は礼儀をもって接するほうが良いですね。


葬儀の席というのは、こちらがよいと思っていても、周りからどのように見られているかが大きいといえます。

亡くなられた方との関係は、参列をされる方それぞれで違います。

「あんな非常識な人と、付き合いがあるのか」と思われないように、周りに気を配る必要もあるのです。

そもそも「目立つ」という事自体が、NGとされている場であるので、なるべく周りにあわせて参列をされたほうがよいでしょう。

ネクタイの柄についても同様で、基本的なものは「黒」で、柄もストライプもない、どシンプルなものです。

そもそも「柄のものにしよう」という考え方が間違えており、人と違うことをして目立つ場ではありません。

亡くなられた方を弔うという場所において、自分の主張など持つべきではありませんから、一般的なものを選ぶようにしましょう。

ただ、時代が移り変わるとともに、ドレスコードも変わっていきます。

結婚式には「ダブル」という時代もありましたが、今はほとんどが「シングル」であるように、もしかすると葬儀でのネクタイは「柄でもよい」となるかもしれません。

とりあえず、その時まで待ちましょう。

喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。