{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
子供の喪服ってあるの?
喪服の写真02

子供の喪服というと、学生の場合は制服を代用することが多くそこまでポピュラーではないかもしれません。

幼児であっても、幼稚園などの制服があるところが多いので制服を喪服として着用すれば問題ありません。

敢えて、子供の喪服を新調したいという場合も、子供用のフォーマルウェアを扱っている百貨店などに、喪服となるブラックフォーマルが揃えられていますので容易に手に入れることが可能です。

近くに百貨店などがない場合でも、ネットで気軽に販売されているので、吟味して選ぶことができます。

一昔前は、子供の喪服というのは浸透していないこともあってバリエーションに幅がありませんでした。

近年では少子化も影響して、子供にかけるお金も拡大したことから、喪服業界に変化が起きているということかもしれません。

価格は、4,000円~1万円ほどと、リーズナブルになっています。

ブランド喪服になると、さらに値段が上がります。

好みで子供の喪服が選べる時代と言えると思います。


葬儀やお通夜に子供が出席する場合、往々にして周囲の大人が考え込んでしまうのは、その服装に関することです。

たとえば成人した社会人であれば男女ともに専用の喪服というものがありますが、果たして子供にはそういった仕様のものが存在するのでしょうか。

結論から先に言いますと、子供用の喪服はしっかりと存在しています。

故人との厳粛な別れの席に臨むため、そうした専用のものをきちんとあらかじめ購入しておくのも良いと思います。

しかし、大人と違って小さなお子様はすぐに成長して身体のサイズが著しく変化してしまいますから、あえて購入するのではなく、手軽なレンタルサービスを折々に活用するという方も少なくないようです。

いずれにしても、親御さんやご親族等の意向に沿って、より好ましい形態にて喪服をお子様に着用させてあげてください。

もちろん、中学生や高校生ならば、普段から使用している学校用の制服を着用して出席すれば、葬儀やお通夜などのマナーに反することはありません。

喪服の写真01

喪服の写真03

近年は、お葬式等のセレモニーに出席する子供のために作られた専用の喪服が専門店において販売されています。

こうした衣装を着ておけば、故人はもとより、ご遺族、あるいは他の参列者に対してもまったく失礼がなく、広く非常に重宝されています。

しかし、そういった子供用の喪服が手元に用意できていない場合は、どうやって対処すれば良いのでしょうか?

たとえば学生の場合は、男女共に学校用の黒い制服が喪服の代わりになります。

小さいお子様ならば、黒や濃紺を基調とした華美さを抑えた洋服を以てそれの代用とします。

男の子であれば、ブレザーに白いシャツを着せ、やはり黒系統のズボンをはかせてあげてください。

女の子も同様にワンピース、あるいはブレザーとスカートを着用すれば問題ありません。

靴下に関しては、白か黒のいずれかを選択すればマナーに適したものとなります。

靴も黒が望ましく、出来るだけ反射や派手な装飾がないものをチョイスしましょう。

要は大人と同じなのですが、基本的に落ち着いた色調の地味な装いで出席させてあげてください。


現在登録されている商品はありません。