{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
夏用礼服は必要なのか?
喪服の写真02

いついかなる時に、礼服が必要になるかは、神のみぞ知るところです。

もし冬用の礼服しか持っておらず、夏用の礼服が必要かどうか迷うことがあるのなら、用意しておいたほうがいいです。

夏場の葬儀では、蒸れなどの問題が生じます。

冬の礼服を使用するとなれば、汗が礼服に染み込んでしまいます。

安価な礼服だと汗のシミが抜けず、クリーニングに出すときに特別料金が発生する事もあるでしょう。

しかし、夏用の礼服を持たずに敢えて冬服を使用するという人も多いようです。

とくに男性であれば、スーツは季節問わずに着用することも出来るので、不自然ではありません。

一方、女性が真夏の葬儀において、冬の礼服を着ていれば、目立つのは必至です。

礼節の観点から、女性の場合は夏用の礼服を持って置く方が良いかもしれません。

冬用に比べても、夏用の礼服は幾分リーズナブルです。

また、季節の変わり目に礼服が安くなる時がありますから、そうしたセールを狙って購入するのも賢い方法です。

レンタルという手もありますので、臨機応変に対応可能です。


日本は四季の国です。

春や秋はともかくとして、夏の暑さと冬の寒さに対しては衣服の調節を以て対処するのが普通です。

これは普段着のみならず、礼服についても同様のことが言えます。

もちろんスリーシーズン用の礼服を一年間着用しても、別段失礼にあたるというわけではありません。

しかし、そもそも気温が低下してゆく秋冬にも対応すべく作られたそれを夏に着るのは、常識的に考えて相当「暑い」ということを理解しておかなければなりません。

ですから、できればそうした時期に備えて、裏地のない作りの涼しげな夏用を一着購入しておく方が間違いなく無難です。

スリーシーズン用のものと、夏用のものを二着揃えておけば、まず問題なく、暑さや寒さといった日本の四季における気温の変動に対応することができます。

一方で仮にもし、真夏の冠婚葬祭にスリーシーズン用の礼服しか用意できなかった場合は、基本的にひたすらジリジリとした暑さを我慢するしか手がありません。

せっかくの正装にもかかわらず、汗だくになるのは大変つらいものです。

余裕があれば、ぜひとも夏用も購入しておきましょう。

喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。