{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
葬儀の参列にはカバンをうまく使いこなそう
喪服の写真02
基本的なあり方として、葬儀に参列する時は不要なものを持って行く必要はありません。しかし、数珠やお香典、ハンカチといった「不可欠なもの」をすべてポケットなどに忍ばせておくのはやはりスマートとは言い難い面があります。そういった観点から考えると、葬儀においてはカバンをうまく使いこなすことが重要となってきます。しかし、たとえ使い勝手が良いからといって、どんなカバンを持って出席しても良いというわけではありません。過度な華やかさを絶対的に控えるという大前提が存在しますから、喪服と同じく黒を基調としたシックな専用のカバンを使用するようにしましょう。生地は布製が最も良いとされています。エナメルや革といった素材を使用したカバンは必然的に光沢を帯びてしまいます。葬儀にこうした光沢のあるものを持ち込むというのは、マナーに反するということを理解しておきましょう。当然、デザイン的にも金具などの華美な装飾がないものを選択することをおすすめいたします。金具は慶事の際に用いるもので、弔事には不向きなのです。

葬儀にカバンは必要かと問われれば、「女性であれば必要です。」とお答えするよりほかありません。手ぶらで葬儀に行くのは手持ち無沙汰感がありますので、お勧めできません。カバンの中には、香典や数珠を入れておかなくてはいけません。そのためにもカバンは必要です。香典は袱紗に入れて手に持ち数珠はポケットに・・と考えているのなら、その考えは浅はか過ぎます。見た目に見苦しくなりますし葬儀の最中に、持ち物が床に落ちたら、かなり目立ちますので整理整頓するためにもカバンは持った方がいいでしょう。また、夫婦で葬儀に参列する場合に、旦那さんの香典や数珠も奥さんが持っているという方が多いようです。男性はむしろカバンを持たずに参列する方が多いです。ビジネスバッグは失礼になりますので、それならば手ぶらでという事でしょう。男性でも葬儀でカバンを持ちたい時には、小型のポーチ型のバッグなどを持つ方もいます。女性と男性では、カバンに対してのマナーが違いますので臨機応変に対応したいものです。
喪服の写真03

現在登録されている商品はありません。