{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
弔事のマナーに反しないベルトとは
喪服の写真02
衣装はもちろんのこと、髪型や装飾品、ちょっとした小物に至るまで、細やかなマナーへの配慮が弔事においては必要となってきます。お世話になった故人やご遺族、あるいは他の参列者たちに失礼のないように、しめやかに悼みを表していきたいものです。それゆえに喪服や靴、ネクタイといったものをいわば特別に用意して臨むわけなのですが、当然のことながらベルトに関しても、葬儀等には相応しくないものをつけて行かないように気を配らねばいけません。最も失礼のないベルトは、喪服同様、黒いものとされています。ツヤを抑えたマットなタイプの牛革製品については問題視されませんが、殺生を簡単に思い出させるヘビの革やワニの革、あるいはフェイクではあったとしてもそういったものに基づいた意匠の加工ベルトは使用しないようにしましょう。バックルにもNGがあります。金色で派手に光るタイプのものや、目立つ形をしたものは避けた方が良いと言えます。金具部分にまで革をまとわせた黒いタイプの製品や、銀色の渋い色味のものをつけていくと、まず礼を失することはありません。

喪服に合わせるベルトについては、喪服の上着を着ていれば直接見えないため、堅苦しく考えずとも良いと思う方もいます。しかし、葬儀においてベルトひとつを取ってみても、そこにはマナーが存在しています。ふいに上着を脱いで、ベルトが見えた時にマナー違反のものでは、終始居心地が悪いでしょう。ここはベルトについても、きちんと抑えておいておきたいものですね。まず、ベルトの色ですがこれは喪服に合わせて黒で統一しましょう。色付き柄付きは、控えましょう。その中でも爬虫類などの柄が浮き立つものは殺生を連想させるので、最も控えなくてはならないでしょう。また、ベルトのバックルはシンプルで目立たないものを選んでください。例えば、金色にピカピカ光った光沢のあるベルトのバックルはマナー違反です。シルバーの控えめなものを選んで下さい。派手は避けて、生き物の地肌を感じさせるベルトも避ける、というのが喪服に合わせるベルトの基本となります。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。