{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
寒さ対策に手袋を使用する時の注意点
喪服の写真02
真冬の寒い時期、喪服のみで参列するというのは大変つらいものです。昼間の告別式であればまだしも、お通夜となると、長時間に渡って外で立ちっぱなしということもありますから、事前の寒さ対策が必須となってきます。特に手のひらそのものや指先が冷え切ってしまうことを防ぐべく手袋を使いたいところなのですが、一方で、うかつにそういったものを使用してしまうとマナー違反になってしまうのではと遠慮してしまいがちに傾く風潮が見受けられもします。しかし、心配は要りません。喪服と釣り合いの取れる落ち着いた黒や紺、濃いグレーといった色合いのものであれば、外にいる間に関してはそれを着用しても何ら問題はないのです。たとえば焼香の際や、告別式における出棺時にはそういった手袋はきちんと外しておかなければなりませんが、基本的に手袋での防寒対策は問題なしと心得ておいてください。ただし、毛皮や革製のものは殺生を連想させるといった点から、葬儀等での着用を不快に感じる方々も多くいますので、それらに関しては使用しない方が良いでしょう。

冬の時期に葬儀があるとき、手袋をしても良いか迷いますね。手袋は正式な、正装の場合は着用しても構いません。しかし、略礼服の場合は会場に入ったときに外しましょう。正装であっても、お焼香の際に手袋を脱ぐのは大切な礼儀です。手袋のままお焼香をする事のないように、会場内では脱いでおいたほうがいいでしょう。また、手袋の素材にも気を配りましょう。布製であれば問題はありませんが、革製品や動物の毛皮を用いた手袋は殺生をイメージさせるので控えてください。もし動物の毛皮ではないフェイクファーであっても、一瞬で、それを見抜くことは出来ませんから遠慮するのが礼儀となっています。手袋の色も黒で統一して、色物や柄物は避けてください。喪服のひとつだという意識を持って、手袋を選びましょう。ブラックフォーマル売場などに、喪服に相応しい手袋も多数取り揃えられていますので、専門のコーナーで購入すると間違いがなくて良いと思います。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。