{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
結婚式のネクタイは、白だけ?
喪服の写真02
結婚式のネクタイは白だけ?と不満に思う若い世代が多いそうです。確かに従来の結婚式の礼服といえば、白いネクタイというのが王道でした。とくに疑問も持たずに白いネクタイを着用していた人も多いのではないでしょうか。しかし、お洒落を気にする20代を中心に白いネクタイなんて、恥ずかしくて着けられないと拒否する人もいるようです。海外では、日本のような結婚式の参列者がみな黒いスーツに白いネクタイという服装に違和感を持つ人が多いそうです。まるでマフィアだと嘲笑されることもあります。日本人の感覚では、失礼のないように、礼服を整えて・・という意識が強く働いた結果ですが、これは日本だけの風習と言っても過言ではありません。白や白に近いシルバーのネクタイが望ましいには違いありません。しかし、近年の傾向はパステルカラーの淡い色合いのネクタイなどを着けてくる若い層も増えました。白に限定する時代は過ぎ去ったとみていいでしょう。

冠婚葬祭には、いろいろと細やかなルールが存在します。そのマナーを把握し、しっかりとそれぞれを順守することが、大人としての大切な務めでもあるわけです。たとえば、結婚式に出席する際は、当然フォーマルな礼服で身だしなみを整えなければならないのですが、ネクタイの色ひとつをピックアップしてみても、社会常識として共有されているルールが厳然と存在しています。一般に、結婚式の礼服には白いネクタイを合わせるという印象があるはずです。極めて理想的な組み合わせであり、昔から世代を越えて多くの人々に支持されてきました。その一方で時代の変遷と共に、「ルール」は緩やかに変化もします。前述した白いネクタイのみならず、現在ではパステルピンクや明るいブルーといった、かつてであれば選択の埒外にあったカラフルなものも、ごく自然な形で好んで使用される傾向が高まりつつあるのです。ちなみに、今も昔も黒だけは絶対に選んではいけないとされています。礼服に黒を合わせると弔事用の装いとなってしまい、大変なマナー違反と見なされてしまうからです。十分に注意してください。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。