{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
結婚式のカラースーツは許されるか?
喪服の写真02
結婚式の礼服選びは、意外に難儀しますね。男女問わずスーツを着用する場合は、色合いにも気を配らなくてはいけません。まず、男性の場合ですが結婚式に呼ばれたら、黒のスーツが一番望ましいのは言うまでもありません。目立たないジャケットの同色系ストライプまでなら、許容範囲ですがカラースーツは避けなくては非礼にあたります。結婚式で主役よりも目立つのは愚の骨頂として忌み嫌われます。ネクタイは白に限らず、淡いパステルでも許されますがスーツとなると保守的にならないと、顰蹙を買うことになります。一方女性は、カラースーツを着用しても構いません。しかし赤など刺激の強い膨張色は避けましょう。花嫁よりも目立つことは避けないといけません。また花嫁衣裳の白と被る、白およびアイボリーなどの白系の服装も避けるべきです。礼服を扱う洋服店に行くと、淡いパステルカラーのカラースーツなど取り揃えられていますので、華やかになりすぎることなく、それでいて会場に花を添えるようなものを選べます。スーツを選ぶ際には、主役への配慮というものが一番大切になるということなのです。

慶事への出席におけるフォーマルな礼服の着用は最低限のマナーです。かつては結婚式といえば、黒のスーツに身を包んで足を運ぶのがいわゆる一般的な常識でした。この黒のフォーマルスーツは略礼服と呼ばれるもので、ゲストとして結婚式に招待された場合は「主役」たちより目立ち過ぎてはならないという暗黙の配慮もあって、こうした衣装を迷うことなく一択で着ていたのです。しかし近年、若い世代を中心に、黒のみならず紺や濃いグレーのそれで着飾り、友人や会社の同僚等の結婚式に赴くことがスタンダードとして市民権を得るようになってきました。ただし、カラーのチョイスに自由度が増加したとはいえ、あくまでも荘厳とした式典に相応しいシックなダークカラーのみが許されているという現実を無視してはいけません。新郎新婦よりも明らかに目立ってしまうような、派手すぎるカラースーツを着てゲスト参加するのは言うまでも無くマナー違反です。もちろん、あからさまな柄物も控えるべきで、基本的には無地が一番好ましく、そうでない場合は薄めのストライプ柄程度までが許容される範囲であると心得ておきましょう。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。