{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
学生の葬儀での服装について
喪服の写真02
学生の葬儀での服装は、制服がある学校に通っている中高生は学生服を喪服として参列します。学生の略礼服として制服が認められていますので、少しも咎められる事はありません。学生服のない、小学生の場合は新たに喪服を用意しなくてはいけなくなります。学生であれば、制服が喪服の役目を担うので楽には楽ですが、小学生や私服の高校に通う学生は、大人と同じように喪服を用意しなくてはならないので、大変な事もあるかと思います。しかし、大人の喪服と違い子供の喪服は成人喪服よりは幾分割安なので1着持っていても、家計へのダメージは少ないのではないかと思われます。デザインも、子供用だと少し可愛らしく見えるものがありますし、選ぶ楽しみもあるかもしれません。いつなんどき身内の不幸があるか分からないので、制服のない未成年には事前に喪服を用意しておくことで、いざという時に焦らなくてもよくなります。ブラックフォーマルコーナーに子供用のコーナーも併設されていることが多いですし、また子供服売り場にもフォーマルコーナーがありますので、其方で容易に入手できます。

学生が葬儀に出席する場合は、学校の制服が喪服の代わりとなります。これは男子であろうと女子であろうと同様です。しかし、すべての学校に制服が採用されているわけではありません。制服の無い学校に通っている学生は、できるだけフォーマルな式典に相応しい服装を心がけることが大切です。男子ならば、落ち着いた色調のブレザーやジャケット、ズボンを着用します。黒や濃紺、あるいは灰色等が望ましいでしょう。シャツは白で構いません。女子も同じく黒や紺色のブレザーやスカートを着てください。ブラウスもやはり、白や黒、紺といったシックなものを選びましょう。また、ワンピースを着ても問題ありません。こちらも派手すぎないシンプルなデザインのものがおすすめです。靴は男女ともに黒が望ましく、持ち合わせがなければ白のスニーカーでも許容されます。ただし、たとえ黒でもエナメルのような光沢があるものは不可とされています。喪服にタイピンなどを合わせないことからもわかるように、キラキラと光るものを身につけて弔事に参加することはそもそもNGなのです。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。