{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
オーダーで喪服をつくるとどのくらい?
喪服の写真02
喪服を自分なりのこだわりの強いものにしたい、という方もいるかもしれません。世界にひとつだけの、自分専用に作られたオーダ喪服を購入したいという願望を持つ人は意外に多いものです。しかし、金額に関してのハードルがクリアできないと願望だけで終わってしまいますね。オーダーで喪服を作ると、やはりそれなりの金額にはなります。自分の体型に合わせて、布も選びデザインも選びと、至れりつくせりのサービスを受けるのですから、致し方ないことです。男性では、略礼服のブラックスーツで30,000円~100,000円程になります。正装のモーニングという事になると、100,000円~という風になります。女性の方は、30,000円~60,000円と、男性のオーダー喪服よりは、幾分安めに設定されているところが多いようです。喪服をオーダーすることで細部のディティールにまでこだわることができます。長く愛用したいのなら、思い切ってオーダーしてみるのもいいかもしれません。

いわゆる吊るしの既製品では満足できないので、オーダーメイドで喪服を作ってみたいと考えておられる方も少なくないはずです。しかし、漠然とそう考えてみたのは良いものの、具体的に行動に移すとなると、やはり真っ先に気にかかってしまうのがその価格相場ではないでしょうか。単刀直入に言うと、喪服をオーダーで作成した場合の価格帯はいささか高めです。生地単品の価格だけを見ても、良質なものは10万円近くすることもあり、フルオーダーともなると30万円~50万円程度の費用が必要なケースも認められます。ただし、こうした価格はもちろん変動的ですし、テーラーによって大きく差異がありますから、こまめに様々なショップの仔細をチェックしていけば、いずれ自身の予算に適合したリーズナブルな喪服をオーダーすることが叶うこともあるでしょう。また、既製品のように数年単位の使用ではなく、そもそもオーダーメイドは長期に渡って愛用することを前提としていますから、その後の繊細な仕立て直しにも柔軟で、自分好みのスタイルを追求できるというメリットが存在するということも付け加えておきます。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。