{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
幼児は葬儀に連れて行かないほうがよいのか?
喪服の写真02
幼児を葬儀に連れて行くか否か、多様な意見があります。身近な親族だからこそ、子供を葬儀に伴いたいと思うのも理解できます。しかし、一方で小さい子供は自制心がありません。長く退屈な葬儀に連れて行けば、ぐずり出すのは必至です。それは、小さな子供の本能でもありますから、咎められることではありません。ここでは、親の良識が一番に問われるところなのです。もし幼児で葬儀で騒ぐ可能性があるのなら、別室で母親と控える、というのが一番です。または、数時間ベビーシッターに預けるなど工夫が必要になります。最後は、個々の判断に委ねられる事だからこそ、慎重に検討すべきなのではないでしょうか。葬儀の参列者に、子供が嫌いな人はいないかなど、きちんとリサーチしておきましょう。読経中に、大声で子供が騒ぐよなら、葬儀自体が台無しになります。自分の子供の特性を見極めて、葬儀に耐えられないやんちゃな子供であれば遠慮し、大人しい子供であれば参列させても、構わないはずです。

葬儀に赴く際、よく悩みとして挙げられるのが「子供を連れて行っても良いのかどうか」ということです。ある程度、成長した子供ならばまったく悩む必要もないのかも知れません。しかし、生まれてから1年にも満たない赤ちゃんや、まだ小学校にも入学していないような幼児の場合は勝手が違ってきます。やはり、葬儀というものには独特の空気感が存在していますし、そもそも、そうしたある意味非日常的な厳粛な席に、幼い子供たちが一定の長い時間に渡って馴染んでいられるのかどうかという点が問題となってくるからです。場合によっては泣き出してしまうこともあるでしょうし、他の参列者に不快な思いをさせてしまうかも知れません。そういうわけで、親族の葬儀以外には赤ちゃんや幼児を連れては行かないのが基本的なマナーとされています。逆に言うと、親族のお葬式に関してはお子さんを連れて行っても問題ありません。故人との最後のお別れなのですから、みんなで出席して欲しいと望む親類も多いはずです。
喪服の写真01

喪服の写真03
葬儀における長時間の拘束に、大抵の子供は我慢ができません。それゆえに、小さな子供を連れて葬儀に参加する場合は、親族のそれに限るというのが子を持つ親の基本的なマナーとされています。それでは、逆に親族のお葬式に子供連れで出席した際には、どういった面に注意しておけばよいのでしょうか。一言でいえば、「無理をしない」ということです。小さなお子さんは、得てして長い読経が退屈になったりして、静かに着席していることが出来なくなったりします。赤ちゃんであれば、不快感を覚えて大声で泣き始めるかも知れません。そうなった時は、他の出席者の迷惑にならないためにも、早々に親族用の控室にお子さんを連れて移動しましょう。そのまま会場で小さなお子さんに我慢を強いてしまうと、より状況が悪化してしまう可能性も否めず、本来、粛々と進められていくはずの式の進行の妨げになってしまうかも知れないからです。また、お子さんが乳幼児の場合は、おむつの交換なども定期的に行わなければならないものです。こうした行為も、すべて親族用の控室で行うようにしましょう。

現在登録されている商品はありません。