{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
結婚式に遅れそうになったら?
喪服の写真02
結婚式に遅れそうになった時は、慌てず騒がずまずは連絡がベターです。式を管理しているのは式場のスタッフですので、まずは結婚式場に一報を入れてその後の指示を受けましょう。会場スタッフに問えば、式のスケジュールに合わせて、合流に相応しいタイミングを教えてもらえます。とりあえず目指すのは、途中からでも式に違和感なく参列することで、お詫びはつつがなく場に受け入れられたその後にします。会場への連絡先を知らない時には、式に参加している知り合いに頼るより他ありません。既に会場にいる参加者を通じて、スタッフとのコミュニケーションを図ってください。上手く連絡がつくかどうかは運次第ですが、相手のことも考え、連絡方法は電話ではなくメールにした方が良いでしょう。何とか式場に辿りつけたら、状況を理解してくれているスタッフの誘導に従って入場します。既に受付が終わってしまっている時には、ご祝儀は式がお開きになってから、新郎新婦のご両親にお詫びの言葉と共に手渡しとなるので用意しておきます。

もし結婚式に遅れそうになったら・・想像しただけでも震えあがるような失態です。式の途中から参列するのは、非常に失礼な事です。注目が、参列者であるあなたに注がれてしまいその瞬間、新郎新婦が主役ではなくなるからです。しかし不測の事態という事もあります。その場合は致し方ないということで、自分を責めすぎずにやるべきことをきちんとやりましょう。そのやるべき事とは、まず会場に連絡を入れるということです。この時、忙しい新郎新婦には決して直接連絡をいれないよう配慮しましょう。もし連絡して謝罪したい場合は、メールなどにしましょう。後から読むことができますので失礼には当たりません。会場には結婚式場のスタッフがいますから次の対応、会場に入る際の注意点など、事細かに教えてくれます。ご祝儀に関しても会場のスタッフにその旨伝えれば、預かってくれます。新郎新婦の親族に直接ご祝儀を渡してしまうのは、行き違いのもとになりますので、会場に控えるプロに託すのが一番です。結婚式を担当する、式場の社員はトラブル対応のマニュアルを持っています。このような事に、実は慣れています。不安感を取り除いてくれますので、大船に乗った気持ちで頼ってください。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。