{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
ディレクターズスーツはだれが着る?
喪服の写真02
男性の礼装は、大きく正装、準礼装、略礼装と三つに分けることができます。最もかしこまった服装が正装で、段階を踏むごとにラフな雰囲気になります。結婚式で新郎が纏うタキシードが正装であり、参列者が身に付けるのが準礼装から略礼装の位置にある服装です。現在日本において、準礼装の位置にくるのがディレクターズスーツです。黒の背広にストライプのスラックスを合わせたディレクターズスーツは、全身を黒で統一したブラックスーツよりもかしこまった上質な印象になるとして、よりフォーマルな印象を求められる時に使用されます。結婚式では新郎新婦の父親や親族、主役の二人の職場での上司にあたる人が主に選択します。上下違った印象のスーツを、いかに自然に着こなすかがディレクターズスーツを身に付ける場合のポイントであり、そこに着用者のセンスが問われます。使用しやすいようにお店ではセットで販売されているものも多くありますので、困った時にはその中から選んでしまうのも一つの手です。

ディレクターズスーツは、ブラックスーツよりも格上の本来略礼服です。フロックやモーニングよりも格下にはなりますがブラックスーツが主流の日本においては、ディレクターズスーツは礼服として格調ある雰囲気を他者に与えます。結婚式での、準礼服という位置づけが確率されているためです。新郎新婦の両親であれば、もしかしたら昼用礼服をきちんと着用される方が多いかもしれません。しかし、親族や会社の上司などであれば、準礼服とされるディレクターズスーツの方も多いのではないでしょうか。新郎新婦と同等の、友人や同僚などでディレクターズスーツを着用しているのは、やりすぎた感があります。したがって、ディレクターズスーツを着るのは自分と新郎新婦が親族の場合、それから自分が上司である場合などにちょうど良い装いだと言えます。準礼服を揃えている若い世代は少ないかもしれませんが、将来的に結婚式で使用する機会も増えてくることは、間違いありません。その時のために、1着持っておくのも良いかもしれません。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。