{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
カラースーツの着用はOK?
喪服の写真02
男性の結婚式の礼服は、ブラックスーツに無地の白シャツ、白やシルバーといった明るい色のネクタイと揃えるのが、最もベーシックなスタイルとなります。そこからさらにフォーマルさに磨きをかけたのがディレクターズスーツを例とする、スラックスだけ薄いストライプにしてみたり、グレーを入れてみたりというさりげなくも上品な着こなして、新郎新婦に近い位置の時、一般の参列者との差別化をしたい時によく用いられます。そうしたマナーとは関係のないおしゃれとして、近年では色を取り入れた新しいタイプの礼服の着用が、若者を中心に広がってきました。黒に近いグレーや濃紺を使用した背広に、白に限りなく近いパステルカラーのシャツといった境界線の上のぎりぎりのコーディネートは、結婚式に新しい風を吹き込んでいます。新郎より目立ってしまうような、派手なカラースーツの着用はマナー違反ですが、黒一色から黒系統の色まで許容範囲は広がりつつあります。TPOを意識しつつ、自分らしい服装を模索していくのがおすすめです。

結婚式の礼服の中には、黒以外のものもあります。基本的にはブラックスーツが略礼服の中では、一般的ですがファッション性が多様化した昨今では、チャコールグレーや紺色のスーツも略礼服として、販売されるようになりました。昔ながらの価値観が崩れてきていますので、そこまでガチガチなルールに縛られることもなくなりました。ファッションが好きな若い男性には朗報というべきかもしれませんね。しかし、例外もあります。カラーのタキシードなどは厳禁。悪ふざけが過ぎていると思われてしまうでしょう。また、リクルートスーツなどをそのまま着まわして来るのも大変非常識な振る舞いに見えてしまうので注意しましょう。結婚式に呼ばれたのなら、礼服はきちんと揃えたほうが、周囲の見る目も違います。購入をする際には、カラースーツは控えてまずはブラックスーツを揃えると、恥ずかしい思いをする事がないと思います。身近に礼服に詳しい人がいれば、一緒に考えて購入することをおすすめします。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。