{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
礼服に白の靴下はOKか?
喪服の写真02
結論から言うと、礼服に白の靴下はNGです。背広も靴も黒が定番となる礼服で、白い靴下を履いた場合、この上なく悪目立ちしてしまい相性がよくありません。おめでたい結婚式の場で、あえて人の靴下に口を出そうとはほとんどの人は思いませんので、そうしたところで指摘されることはないかもしれませんが、面と向かって言われないだけで出会ったほぼすべての人間に違和感を感じさせることになります。そのくらい常識的に合わないとされる組み合わせなので、定番の黒や灰色の靴下を選んでおきましょう。白の靴下が許されているのは、結婚式で白いタキシードを身に付ける、新郎ただ一人だけです。白の靴下の他には、くるぶしまでしかこない丈のスニーカーソックスも、フォーマルな場にそぐわないとして避けるべきスタイルとなります。派手な色をチョイスすることも避け、ごく普通の靴下を履いていくのが正しい形です。ちなみに結婚式用の靴下として売られているストライプ柄のものは、モーニングコートを着る人のもので、通常のゲストを対象にしたものではありません。

結婚式に履いていく靴下の色は黒か白かで、悩まれる方がいます。新郎本人は白いタキシードですので白い靴下でもなんの問題もありませんが、参列者が白い靴下というのは、ありえないことになります。参列者はブラックスーツなどを着用するでしょうから、靴下も礼服に合わせた黒を用意してください。葬式でもないのに縁起でもないと、思われるかもしれませんが結婚式では、礼服の色に合わせるのが正式なマナーになります。女性であれば着物に白足袋になりますから、おかしくないのですが、和装と洋装ではまったく別物になります。男性のスーツには、そのスーツに合わせた色合いが基本となります。フォーマルウェアを置いているお店に行かれるとわかると思いますが、礼服に合わせて白い靴下を置いている所は皆無です。自己流で白い靴下を履いていくのは、周囲の冷たい視線に耐えられるのかというのを自問自答してからにした方がよさそうです。いたたまれない気持ちになるのでないかと思います。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。