{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
ネクタイの太さは?
喪服の写真02
フォーマルな場では流行に乗らない、遊びのないベーシックなファッションが地味であろうと歓迎されます。周囲と重なるのを防ぐためとしても、おしゃれを極め過ぎて周囲から浮くことのないように、場に合わせた個性の出し方を覚えていきましょう。迷った時は定番に倣うのがコツです。結婚式の際身に付けていくネクタイの幅も、同様の流れで太くもなく細くもないものを選ぶと難がありません。具体的にネクタイは、剣幅9.5cmの標準幅が良いとされるサイズですが、プラスマイナス1cm程度なら十分に条件を満たす範囲です。近年のネクタイは細身の品が多いので、どちらかといえばマイナス寄りに合わせていった方が、購入するにも結ぶにも手軽かもしれません。日ごろ使用しているものと比べて、標準幅でも太めで締めていて違和感を覚えるという時には、結婚式の招待客の年齢層を考えつつ、目立たない範囲で標準よりも細めなものにしても良いです。当日の前に必ず一度、鏡の前でスーツやシャツと合わせ、ネクタイ幅とのバランスを見ておきましょう。

結婚式において、ネクタイの太さがどの程度が一番ちょうど良いのか気にかかりますね。ネクタイにも様々な幅がありますので結婚式には、特別なネクタイが必要なのかと思ってしまうのも理解できます。しかし、結婚式ではベーシックな幅の標準的な幅のネクタイをしていきましょう。剣幅9.5が最適です。少なくとも9.5の±1程度におさめましょう。ファッション性の高い幅の狭いネクタイや、逆に広いネクタイは個性をアピールするのに良いですが、結婚式の主役はあくまでも新郎新婦です。自分はゲストとして招かれている、祝う側なのだという認識を持てば、奇をてらうという発想もなくなるのではないかと思います。とくに格式のある結婚式だと、ベーシックなネクタイ以外は、あきらかに浮いてしまいます。式のあとであの時は・・とクレームをつけられるのも、気分が悪いはずです。せっかくのお祝いの場なのですから、結婚式の際にはマナーを遵守して臨まれることを切に願います。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。