入学式での父親の服装は?【平戸、佐世保なら明日お届け可能】

卒業式が終わり、4月が違ずくと今度は入学式です。子供も準備が 大変ですが、親にとっても一大イベントなのでいろいろと気を配ら なければいけません。   そこで今回は、入学式の服装、それもお父さんの服についてお話し… 入学式での父親の服装は?【平戸、佐世保なら明日お届け可能】 の続きを読む

黒のネクタイを急いで用意したい!

喪服を着るタイミングというのはほぼ葬儀の時だけです。そのため予め 用意しておかないと慌てるということがあります。   ただもう一つ忘れてはいけないのが「ネクタイ」です。喪服は用意している から大丈夫と思っていて… 黒のネクタイを急いで用意したい! の続きを読む

礼服を持ち運ぶときに便利なガーメントバック【熊野市、いなべ市市なら明日お届け可能】

遠方で催される冠婚葬祭に出席する際、問題となるのが礼服の持ち運びです。 仮に電車で移動する場合は、乗車率によっては大変邪魔になりますし、車で 移動するにしても礼服をそのまま社内に持ち込むのはかさばってしまいます。 &nb… 礼服を持ち運ぶときに便利なガーメントバック【熊野市、いなべ市市なら明日お届け可能】 の続きを読む

清め塩ってどんなもの?【亀山市、 鳥羽市なら明日お届け可能】

塩で清めるというのは、実は神道の考え方なのです。日本人の生活の中 には古来より神道の考え方が存在しており、穢れを払うという風習に 違和感を覚える人は少ないかもしれませんが、葬儀に立ち会うことや死者を 送る時に遭遇する死を… 清め塩ってどんなもの?【亀山市、 鳥羽市なら明日お届け可能】 の続きを読む

供花とはどんなもの?【亀山市、 鳥羽市なら明日お届け可能】

供花と書いて「きょうか」と読みます。感じのニュアンスからも分かる ように、供花は仏さまにお供えする花のことを言います。仏様のみならず、 死者へ手向ける花でもあり、葬儀に飾られる花は全て供花ということになります。 &nbs… 供花とはどんなもの?【亀山市、 鳥羽市なら明日お届け可能】 の続きを読む

喪服に帽子の組み合わせは大丈夫?【東京に翌日お届けできる礼服レンタル】

喪服が洋装なら帽子を被りたくなる気持ちは十分理解できます。   ですが、もしその葬儀が日本での仏式の葬儀なのであればそこは遠慮 するのが礼儀です。そもそも葬儀において着用する帽子は「トークハット」 といわれるも… 喪服に帽子の組み合わせは大丈夫?【東京に翌日お届けできる礼服レンタル】 の続きを読む

結婚式で生足はNG【高島市、米原市なら明日お届け可能】

和装でも洋装でも、夏でも冬でも結婚式の礼服において「生足」 を見せるのは厳禁とされています。   結婚式に限らす、元来カジュアルの極みともいえる「生足」を見せる 行為はフォーマルな礼服とは相性が良くありません。… 結婚式で生足はNG【高島市、米原市なら明日お届け可能】 の続きを読む

グレースーツは喪服の代用になる?【湖南市、野洲市なら明日お届け可能】

自信の立場にのよりますが、基本的に親族は「黒の喪服」を着ます。 特別な理由が無い限り、黒以外の喪服を着用することはありません。   また大学生などまだ礼服を購入していない方の場合、濃いグレーの スーツで参列され… グレースーツは喪服の代用になる?【湖南市、野洲市なら明日お届け可能】 の続きを読む

多額のご祝儀を頂いたときはどうする?【宇治、亀岡なら明日お届け可能】

稀に目上の親戚から15万円や30万円など、多額のご祝儀を頂くこと があります。あまりにも大きな額に対して「嬉しい気持ち」よりも 「申し訳ない気持ち」が勝ることがあるかもしれません。しかし、 固辞してしまうと相手の顔をつぶ… 多額のご祝儀を頂いたときはどうする?【宇治、亀岡なら明日お届け可能】 の続きを読む

仮通夜と本通夜の違いって何?【名張市、 尾鷲市なら明日お届け可能】

仮通夜と本通夜の違いとは何でしょうか?その違いを理解するため には、まず通夜の定義から確認していきましょう。   通夜とは葬儀の前に近親者が集まり故人を偲び一夜を共にすること から始まりました。では仮通夜とは何… 仮通夜と本通夜の違いって何?【名張市、 尾鷲市なら明日お届け可能】 の続きを読む